短歌が広がっていく世界のはじっこで2021年を記録していきます

この記事は、2021年に歌壇(短歌の世界)で起きた出来事をまとめて記録したものです。

昨年2020年の記事と同様に「現代短歌の事件簿」の下書き的な位置づけで、短歌界で起きた出来事を網羅的に記録していきたいと思います。

当然ながら私一人の力では多くの重要な出来事を見落とすことは間違いありませんので、ぜひ皆様のご協力を願いたいと思います。

情報をお持ちの方はコンタクトフォームまたはTwitterのほうからご連絡よろしくお願いします。

Image by Avi Richards on Unsplash

Amazonで最新の「歌集の売れ筋ランキング」をチェックしよう!

2021年の短歌界の出来事

1/1ヘヴィメタル短歌(#ヘヴィ短)を提唱、模索する短歌ユニット「歯車Beats」が結成される
1/2「短歌21世紀」のTwitterアカウントが誕生
1/3今年も例年通り「題詠100首」の開催に向けて兼題の募集が始まる(~15日)
1/3榊原 紘が公式サイト「衿草遠馬」を開設。noteからの移動を報告
1/3推したい短歌2020」の結果が発表される。1位は27票を獲得した千種創一の「人生が何度あっても間違えてあなたに出会う土手や港で」(『千夜曳獏』)であった
1/4工藤吉生による「第14回ぬらっと!短歌大賞(2020下半期短歌大賞)」に選ばれた30首がTwitter上で発表される
1/53月21日に開催を予定していた「第五回文学フリマ前橋」の開催延期が決定。時期については未定。新型コロナウイルス感染症の状況等の影響を受けて
1/8「覆面短歌倶楽部 其の弐」の発行、および其の壱の作者名を公開する初の覆面剥ぎが発行される
1/88日発売の雑誌「フライデー」1月22日号の「2021年ブレイク確実のニュースター大集合」にくどうれいんが取り上げられる
1/8新型コロナウイルスの感染拡大を受け政府は1都4県(東京、神奈川、埼玉、千葉)に緊急事態宣言を再び発出。期間は1月8日から2月7日までの1カ月間
1/8新型コロナウイルスの感染拡大を受け宮内庁は、12日に予定されていた講書始の儀と15日に予定されていた歌会始の儀の延期を決定。時期は未定
1/91月17日に開催予定だった「第五回文学フリマ京都」の中止が決定。開催地の京都府による政府への緊急事態宣言発令要請等の影響を受けて
1/10総額表示を考える会」のTwitterアカウントが誕生。同問題について署名活動を開始する
1/10『塔』1月号の年頭所感により編集長の松村正直、選者の江戸雪の両名が退会することが判明
1/12書肆侃侃房のサイト上に新鋭短歌シリーズ5期の第1弾3冊(『水の聖歌隊』笹川諒、『サウンドスケープに飛び乗って』久石ソナ、『ロマンチック・ラブ・イデオロギー』手塚美楽)が発表される。書影の派手さもあり大いに話題となる
1/132月14日に開催を予定していた「第三回文学フリマ広島」の中止が決定。新型コロナウイルス感染拡大および各地での緊急事態宣言発令や発令要請などを受けて
1/13ジャニーズファンアートとしてのアイドル短歌を募集し、フリーペーパーの発行を目指す企画「31 to J」のTwitterアカウントが始動
1/14子年歌人による短歌アンソロジー『子プリ 子年終わってVol.2』が今年も発行される
1/151月15日発売の『EX大衆』2月号に連載の「マニアックを極めろ!SKE48末永桜花の好奇心桜盛!!」で末永桜花と小坂井大輔が平和園で短歌を作る
1/15この日「うたの日」において翌16日の午前7時を投稿締切とする7時部屋が新設。これにより1日8部屋だった歌会が9部屋に増強。最近の参加者の増加に対応したものと思われる
1/16「短歌の雑誌 fripper」が「第一回flipper連作短歌賞」の開催を発表。夏ごろの開催とのことで、その選者に佐藤博之鈴木智子田中翠香が選ばれた。詳細は翌17日に

Amazonで最新の「歌集の売れ筋ランキング」をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめです

タイトルとURLをコピーしました