短歌が広がっていく世界のはじっこで2020年を記録していきます

TANKA WORLD REPORT 2020

この記事は、2020年に歌壇(短歌の世界)で起きた出来事をまとめて記録したものです。

当サイトでは現在短歌関係コンテンツの一つとして「現代短歌の事件簿」の充実に力を入れています。過去の記録の探索と追加も重要な仕事ですが、今現在において次々に起き続ける出来事を記録していくことも当然求められます。

特に迷うことなく史に記すべきと思える大きな出来事ならばいいのですが、まだ顛末が見えない出来事や、重要性が図れない出来事も多く、年表に記すべきか迷うことも多いものです。

そこで当サイトでは通史の年表とは別に、当年に限った年表を記録するための記事を用意して、ここに手あたり次第短歌界で起こった出来事を記録していくこととしました。いわば「現代短歌の事件簿」の下書きのようなつもりです。

残念ながら私一人の力では非力に過ぎて、多くの出来事を取りこぼすことは明白です。できることなら皆さんの協力をもらえればありがたいです。

いただける情報は短歌に関することであれば何でもかまいません。個人的なサイトの開設や同人誌、ネプリの発行など、その重要性を判断するのは今の私でもあなたでもなく、時が判断してくれることでしょう。当然ながらネット上の出来事に限るものでもありません。

情報をお持ちの方はコンタクトフォームまたはTwitterのほうからご連絡よろしくお願いします。

なお、この記事は新たな情報が得られ次第随時更新していきます。

Image by Avi Richards on Unsplash

2020年の短歌界の出来事

1月12日未来短歌会に「ハラスメント委員会」が設置される
1月13日文芸アイドルグループ「朝ぼらけの紅色は未だ君のうちに壊れずにいる」(略称:アサキミ)がデビューライブを行う
5月1日アサキミが「オンライン歌会」を開催。同月23日にはVol.2を開催
5月31日「たにゆめ杯」が開催
6月9日君野シリウス(眠れる川)が年齢を問わない青春をテーマに作品を募集する第1回目となる「青春短歌甲子園」を開催
6月9日冷泉家が古文書等を保存する土蔵建設の資金を募るためクラウドファンディングを実施。目標額の350万円を1日で達成、6月12日には1千万円を超える
6月12日書肆侃侃房が新シリーズ「現代短歌クラシックス」をスタート。第1弾は飯田有子の『林檎貫通式』
6月13日短歌と写真による「BL(ボーイズラブ)」をテーマとした企画展「叛亂の豫感」が開催。8月2日まで。北夙川不可止と北沢美樹による写真歌集も刊行
6月14日札幌よしもとのYouTubeチャンネル「さつよしTV」が「芸人がzoomで歌会」を開催放送(当日はトラブルで別アカウントから放送)以降「芸人歌会」として回を重ねる
6月25日石川不二子逝去(報道では25日ごろとあり正確な日時は現時点で不明)
7月1日キュレーションサイト「NAVERまとめ」が9月30日をもってサービスを終了することを発表
7月4日いりの舎が「うた新聞」7月号を発行。創刊から100号となる
7月6日ナナロク社が公開公募で第1歌集出版を支援する企画「あたらしい歌集選考会」を発表
7月6日俵万智、野口あや子、小佐野彈の指導のもと歌舞伎町ホスト75人の合同歌集『ホスト万葉集』が刊行
7月10日岡井隆逝去
7月16日岡井隆逝去を受け未来短歌会は大辻隆弘を新理事長に
7月19日7月末を発売日とする橋爪志保&榊原紘の短歌同人誌「短歌の世」がBOOTHにて先行販売を開始
7月22日8月5日のパピコの日に向けてグリコがスペシャルムービーキャンペーンを展開。青春をテーマに木下龍也、岡野大嗣、初谷むい、田中ましろが短歌を提供。
7月23日「アサキミ」が解散
7月25日短歌と写真のフリーペーパー「うたらば」vol.27で10周年を迎える
8月1日第1回青春短歌甲子園の結果発表。1位に一音乃遥など
8月1日六花書林が創業15周年を迎える
8月8日今年も「CDTNK(カウントダウン短歌)」の夏フェスが開催。今年で4回目
8月23日第5回万葉短歌バトルin高岡の結果発表。渋谷教育学園渋谷が初優勝
8月27日第10回牧水・短歌甲子園の結果発表。三重県立高田高等学校が初優勝
8月31日2018年12月で「歌のわかれ」を宣言していた石井僚一が突如として電子書籍で歌集『目に見えないほどちいさくて命を奪うほどのさよなら』を刊行
8月31日今年もTANKASONIC2020が開催。ネットプリントで配信される
8月31日「屋上と短歌」10回目を記念して「屋上と短歌杯」が開催。投稿は9月20日まで、結果は10月24日の「屋上と短歌10」にて発表
9月1日(13日まで)歌人木下龍也が展示されて来場者一人一人にその場で短歌を詠む(予約制)という企画展「あなたのための短歌 展」が開催。客のエピソードに合わせての即詠という難しい試みながら、好評のうちに無事終了
9月12日枡野浩一が枡野書店にゲスト歌人を招いて短歌に関わるトークを配信するYouTube番組「枡野と短歌の話」の第1回が配信される。第1回ゲストは山階基。黒字化も果たし先ずは成功を収める
9月13日戸似田一郎の唐突な思い付きにより架空の大学内の短歌会という体で短歌同人「戸似田大学短歌会」が創設、Twitterアカウントも作られる。思いのほか反響は大きく1日で参加希望者20人を超過。その後18日には実在の大学と混同される名称は問題ありとの判断から、名称を「とにたん」と変更
9月15日出版物の総額表示義務化の初報を受け、カバーの再印刷や掛け替えの負担による中小出版の倒産や絶版を懸念した層が、Twitter上で「#出版物の総額表示義務化に反対します」のタグを作り反対運動を展開。16日にはトレンド入りする。その後の続報で、4月1日以降発売の書籍から適用されるとのことで業界団体もこれを容認する姿勢であることが判明。やや沈静化も引き続き議論が交わされることに。
9月16日「眠れる川」主催の「青春短歌甲子園」が第3回にして投稿者100人を超えの発展を見せる(117人326首)

合わせて読みたい

タイトルとURLをコピーしました