Topic:あの井 短歌ネットプリント配信中!

2020年における短歌界の各賞の受賞結果を見通す

TANKA AWARDS 2020

この記事は、2020年に発表された歌壇の主要な賞および短歌界にも関係する重要な文化芸術の賞について、その結果を一覧としてまとめています。

対象とするものは、2020年1月1日から2020年12月31日に主催者や報道機関から正式に発表があったものとなります。

なお、本年2021年の最新の受賞記録は「2021年における短歌界の各賞の受賞結果」のページをご覧ください。

まだ7月で、2020年は終わってもいなくて気が早い感じもしますが、上半期を振り返ったり、今後の発表スケジュールの確認、定期的な情報確認などにも便利かなと考えています。情報が得られ次第随時更新していきます。

いずれ今年が終わりを過ぎたときに、誰かとともに2020年を振り返り、その動きを評価し、今後の展望を占うなど、さまざまな議論の資料として役立つことを願って。

12月21日の現代短歌新人賞の発表を持って、主要な賞の結果は出そろいました。

2020年を振り返り、今年の評価や来年の展望を占うなど、さまざまな議論の資料としてお使いください。

Image by Raychan on Unsplash

2020年の各賞受賞結果一覧

  • 表中「選出なし」とあるのは「歌壇からの選出がなかった」ことを意味するものであり、その賞自体に受賞者がいなかったことを意味するものではありません。
  • 「作品・対象」の『』(二重カギ括弧)は歌集など本のタイトルを、「」(カギ括弧)は書中の連作タイトルなどを意味します。
発表受賞者作品・対象所属
1/12019年度 朝日賞歌壇より選出なし
1/1第61回 毎日芸術賞歌壇より選出なし
2/1第71回 読売文学賞 詩歌俳句賞川野 里子歓待かりん.
3/4第70回 芸術選奨文部科学大臣賞吉川 宏志石蓮花塔.
3/4第70回 芸術選奨文部科学大臣新人賞歌壇より選出なし
3/11第35回 詩歌文学館賞 短歌部門花山 多佳子鳥影塔.
3/13第31回 斎藤茂吉短歌文学賞吉川 宏志石蓮花塔.
4/14第18回 前川佐美雄賞藤島 秀憲ミステリー心の花.
第28回 ながらみ書房出版賞田中 薫土星蝕心の花.
4/15第54回 迢空賞三枝 昴之遅速ありりとむ.
4/15第12回 小野市詩歌文学賞大口 玲子ザベリオ心の花.
4/28第11回 日本歌人クラブ大賞該当なし
第47回 日本歌人クラブ賞久々湊 盈子麻裳よし合歓.
第26回 日本歌人クラブ新人賞門脇 篤史微風域未来, too late.
第18回 日本歌人クラブ評論賞該当なし
6/9第64回 現代歌人協会賞佐佐木 定綱月を食う心の花.
川島 結佳子感傷ストーブかりん.
6/26第9回 中城ふみ子賞延期
7/1第56回 短歌研究賞島田 修三「いいなあ長嶋」28首(短歌研究8月号まひる野.
7/7第63回 短歌研究新人賞平出 奔「Victim」30首(短歌研究9月号塔, のど笛, えいしょ.
7/30第1回 塚本邦雄賞石川美南体内飛行pool, sai.
8/6第30回 紫式部文学賞歌壇より選出なし
8/28第66回 角川短歌賞田中翠香「光射す海」50首 (角川短歌11月号未来, あひる歌会.
道券はな「嵌めてください」50首 (角川短歌11月号未来, too late, あっぱれ!.
9/8第1回 BR賞該当なし
8/31第38回 現代短歌評論賞弘平谷隆太郎「歌人という主体の不可能な起源」(短歌研究10月号無所属.
9/4第13回 日本一行詩大賞新人賞門脇篤史微風域未来, too late.
10/6第13回 日本一行詩大賞歌壇より選出なし
10/15第7回 佐藤佐太郎短歌賞齋藤芳生花の渦かりん, ロクロクの会.
第8回 現代短歌社賞西藤定「蓮池譜」300首(現代短歌21年1月号未来.
10/22第25回 若山牧水賞谷岡亜紀ひどいどしゃぶり心の花.
10/27文化勲章久保田淳無所属.
10/27文化功労者歌壇より選出なし
10/27第43回 現代短歌大賞久保田淳藤原俊成 中世和歌の先導者』『「うたのことば」に耳をすます』並びに過去の全業績無所属.
10/30第46回 現代歌人集会賞笠木拓はるかカーテンコールまで遠泳.
11/3旭日小綬章小池光「芸術文化功労」により短歌人.
11/19第32回 歌壇賞帷子つらね「ハイドランジア」30首(歌壇21年2月号塔, 早稲田短歌会.
11/24第3回 笹井宏之賞乾遥香「夢のあとさき」50首(ねむらない樹 vol.6GEM, ぬばたま, 獏短歌会.
12/21第21回 現代短歌新人賞カン・ハンナまだまだです無所属.

上半期(6月30日まで)の記

短歌界に限らず文化芸術の界隈では、三大新聞社が主催する文化賞の発表とともに年が始まるといっていもいいかもしれません。その中で「朝日賞」と「毎日芸術賞」からは今年は選出はありませんでした。そもそも歌壇からの選出が稀な賞であり、大きな賞ではありますがやや注目度は低い賞といえるでしょう。一方「読売文学賞」は詩歌部門が独立しているので、短歌関係者にもなじみが深く、今年は川野里子さんが受賞しています。

上半期でもっともインパクトが大きかった受賞は、吉川宏志さんの「芸術選奨文部科学大臣賞」と「斎藤茂吉短歌文学賞」の受賞でしょう。ダブル受賞というだけでなく、文化庁主催という非常に大きな賞「芸術選奨」が3年ぶりに歌人の歌集に与えられたことも短歌界として喜ばしいニュースでした。

他に大きなところでは「迢空賞」には三枝昴之さんに決まりました。今年の選考会は、新型コロナウイルス感染予防対策としてSkypeによるビデオ会議にて開催されました。同賞選考会では初の試みとして話題となりました。

受賞者の結社に注目してみると「心の花」に所属する歌人の活躍が目立ちました。

下半期の記

下半期は新人賞が次々と発表される時期にあたりますが、中でも印象的だったのは角川短歌賞でしょう。田中翠香さんと道券はなさんの「未来」会員による同時受賞は非常に驚かされました。

また今年は、新しい賞が二つ創設された年でした。第1回塚本邦雄賞は石川美南さんが受賞し喜びの雰囲気に包まれましたが、第1回BR賞は「該当なし」という結果に。来年は優れた作品が見いだされることを期待したいところです。

他には日本一行詩大賞新人賞に門脇篤史さんの『微風域』が選ばれ、日本歌人クラブ新人賞につづき二冠を達成しました。

秋の褒章では小池光さんが旭日小綬章を受賞し、短歌界全体にとって喜ばしいニュースがもたらされました。

結社としては「未来」の活躍が目立った印象でしょうか。

合わせて読みたい

タイトルとURLをコピーしました