2019年における短歌界の各賞の受賞結果を見通す

TANKA AWARDS 2019

この記事は、2019年に発表された歌壇の主要な賞および短歌界にも関係する重要な文化芸術の賞について、その結果を一覧としてまとめたものです。

対象とするものは、2019年1月1日から2019年12月31日に主催者や報道機関から正式に発表があったものとなります。

2019年を振り返り時評を書く際の資料として、または単に優れた歌集や歌人を見つけるための手掛かりとして、なにかしら役立てば幸いです。

Image by Jon Tyson on Unsplash

2019年の各賞受賞結果一覧

  • 表中「選出なし」とあるのは「歌壇からの選出がなかった」ことを意味するものであり、その賞自体に受賞者がいなかったことを意味するものではありません。
  • 「作品・対象」の『』(二重カギ括弧)は歌集など本のタイトルを、「」(カギ括弧)は書中の連作タイトルなどを意味します。
発表受賞者作品・対象所属
1月1日2018年度 朝日賞歌壇より選出なし
1月1日第60回 毎日芸術賞歌壇より選出なし
2月2日第70回 読売文学賞 詩歌俳句賞歌壇より選出なし
3月6日第69回 芸術選奨文部科学大臣賞歌壇より選出なし
第69回 芸術選奨文部科学大臣新人賞歌壇より選出なし
3月12日第34回 詩歌文学館賞 短歌部門小島 ゆかり『六六魚』コスモス.
3月22日第30回 斎藤茂吉短歌文学賞春日 真木子『何の扉か』水甕.
3月28日第53回 迢空賞内藤 明『薄明の窓』音.
4月3日第17回 前川佐美雄賞小島 ゆかり『六六魚』コスモス.
第27回 ながらみ書房出版賞鈴木 陽美『スピーチ・バルーン』心の花.
第27回 ながらみ書房出版賞田中 教子『覚醒の暗指』なづのき舎, ヤママユ, CJC青い鈴短歌.
4月5日第11回 小野市詩歌文学賞栗木京子『ランプの精』塔.
4月10日第10回 日本歌人クラブ大賞来嶋 靖生『評註柳田国男全短歌』を中心とした永年の功績槻の木.
第46回 日本歌人クラブ賞本田一弘『あらがね』心の花.
第46回 日本歌人クラブ賞春日いづみ『塩の行進』水甕.
4月10日第25回 日本歌人クラブ新人賞木ノ下 葉子『陸離たる空』水甕.
第17回 日本歌人クラブ評論賞谷岡 亜紀『言葉の位相』心の花.
4月18日第63回 現代歌人協会賞小佐野 彈『メタリック』かばん.
山下 翔『温泉』やまなみ.
6月3日第55回 短歌研究賞川野 里子「Place to be」(28首 角川「短歌」平成30年4月号)かりん.
7月16日第62回 短歌研究新人賞郡司 和斗「ルーズリーフを空へと放つ」かりん.
中野 霞「拡張子になる」無所属.
8月5日第37回 現代短歌評論賞土井礼 一郎「なぜイオンモールを詠むのか 岡野大嗣『サイレンと犀』にみる人間性護持の闘い」かばん.
8月16日第12回 日本一行詩大賞大森 静佳『カミーユ』塔.
第12回 日本一行詩新人賞矢澤 重徳『会津、わが一兵卒たりし日よ』月光の会.
8月28日第65回 角川短歌賞田中道孝「季の風」塔.
鍋島 恵子「螺旋階段」無所属.
10月2日第6回 佐藤佐太郎短歌賞谷岡 亜紀『言葉の位相』心の花.
10月8日第7回 現代短歌社賞森田 アヤ子「かたへら」(300首)青潮, 新日本歌人.
北山 あさひ「崖にて」(300首)まひる野, 北山川, ヘペレの会.
10月17日第42回 現代短歌大賞高野公彦『明月記を読む』上・下巻コスモス.
10月25日第45回 現代歌人集会賞藪内 亮輔『海蛇と珊瑚』率.
10月25日第24回 若山牧水賞松村由利子『光のアラベスク』かりん.
黒岩剛仁『野球小僧』心の花.
10月29日文化勲章歌壇より選出なし
文化功労者馬場あき子歌人としてのこれまでの業績かりん.
11月21日第2回 笹井宏之賞鈴木ちはね「スイミング・スクール」(50首)稀風社, 天国歌会.
榊原紘「悪友」(50首)遠泳, 短歌の世.
12月4日第31回 歌壇賞小山美由紀「知りつつ磨く」(30首)無所属.

年頭に発表される、朝日、毎日、読売の文学賞では、今回短歌界は縁がなく少し寂しいスタートとなり案↓。

結社として最も活躍したのは「心の花」でした。所属の4人が都合5回受賞しました。これに「かりん」(4人4回)、「塔」(3人3回)といった勢いで続きます。大きな結社が順当に結果を出したという感じですが、一方で結社規模を考えると「未来」や「短歌人」から受賞者が出なかったことはやや寂しいところでしょうか。

こちらの記事もおすすめです

タイトルとURLをコピーしました