2018年における短歌界の各賞受賞結果

この記事は、2018年に発表された歌壇の主要な賞および短歌界にも関係する重要な文化芸術の賞について、その結果を一覧としてまとめたものです。

対象とするものは、2018年1月1日から2018年12月31日に主催者や報道機関から正式に発表があったものとなります。

2018年を振り返り時評を書く際の資料として、または単に優れた歌集や歌人を見つけるための手掛かりとして、なにかしら役立てば幸いです。

2018年の各賞受賞結果一覧

  • 表中「選出なし」とあるのは「歌壇からの選出がなかった」ことを意味するものであり、その賞自体に受賞者がいなかったことを意味するものではありません。
  • 「作品・対象」の『』(二重カギ括弧)は歌集など本のタイトルを、「」(カギ括弧)は書中の連作タイトルなどを意味します。
発表受賞者作品・対象所属
1月1日2017年度 朝日賞歌壇より選出なし
1月1日第59回 毎日芸術賞歌壇より選出なし
2月1日第69回 読売文学賞 詩歌俳句賞歌壇より選出なし
3月7日第68回 芸術選奨文部科学大臣賞歌壇より選出なし
第68回 芸術選奨文部科学大臣新人賞歌壇より選出なし
3月8日第33回 詩歌文学館賞 短歌部門伊藤一彦『遠音よし遠見よし』心の花, 現代短歌・南の会.
3月18日第29回 斎藤茂吉短歌文学賞大辻隆弘『景徳鎮』未来, レ・パピエ・シアンⅡ.
3月29日第52回 迢空賞三枝浩樹『時禱集』沃野.
3月30日第10回 小野市詩歌文学賞川野里子『硝子の島』かりん.
4月3日第16回 前川佐美雄賞奥田亡羊『男歌男』心の花.
第26回 ながらみ書房出版賞岩尾淳子『岸』未来.
4月11日第9回 日本歌人クラブ大賞該当なし該当なし
第45回 日本歌人クラブ賞伊勢方信『ピアフは歌ふ』朱竹, 笛の会.
第24回 日本歌人クラブ新人賞佐藤モニカ『夏の領域』心の花.
第16回 日本歌人クラブ評論賞青田伸夫『文明開化の歌人たちー『開化新題歌集を読む』』歩道.
5月30日第62回 現代歌人協会賞佐藤モニカ『夏の領域』心の花.
6月14日第54回 短歌研究賞小島ゆかり「砂いろの陽ざし」(20首「短歌研究」平成29年11月号発表)コスモス.
6月28日第8回 中城ふみ子賞イシカワユウカ舞ひ踊るをんなたちの裸体無所属.
7月18日第61回 短歌研究新人賞工藤吉生「この人を追う」未来.
第61回 短歌研究新人賞川谷ふじの「自習室出てゆけば夜」無所属.
8月9日第36回 現代短歌評論賞松岡秀明「短歌結社の未来と過去にむけて」心の花.
8月10日第11回 日本一行詩大賞歌壇より選出なし
第11回 日本一行詩新人賞窪田政男『汀の時』月光の会.
8月27日第64回 角川短歌賞山川築「オン・ザ・ロード」(50首)未来.
9月18日第5回 佐藤佐太郎短歌賞前田康子『窓の匂い』塔.
9月21日第6回 現代短歌社賞門脇篤史「風に舞ふ付箋紙」(300首)未来.
10月19日第41回 現代短歌大賞春日真木子『何の扉か』並びに過去の全業績水甕.
10月25日第44回 現代歌人集会賞山下翔『温泉』やまなみ.
10月31日第23回 若山牧水賞穂村弘『水中翼船炎上中』かばん.
10月26日文化勲章歌壇より選出なし
文化功労者歌壇より選出なし
11月15日第30回 歌壇賞高山由樹子「灯台を遠くはなれて」(30首)日月, 砂糖水.
11月28日第1回 笹井宏之賞柴田葵「母の愛、僕のラブ」(50首)いくらたん, Quai.

こちらの記事もおすすめです

2020年における短歌界の各賞の受賞結果

2019年における短歌界の各賞の受賞結果

本サイトの短歌コンテンツまとめ

タイトルとURLをコピーしました