大神神社献詠祭「第17回 三輪山まほろば短歌賞」の作品募集が行われています

DEDICATION TANKA CONTEST

2020年11月3日(火)に奈良県桜井市の大神おおみわ神社にて献詠祭が開催されます。これに奉奠披講する作品を集めるため「第17回 三輪山まほろば短歌賞」を設け、短歌作品の募集が行われています。締め切りは一般の部が9月1日(火)、高校生以下の部が9月7日(月)(いずれも必着)となっています。

奈良県に鎮座する三輪山は、神代の昔から多くの人々に親しまれ、万葉集などでも歌い継がれ、そしてなによりも重要な信仰の対象でした。

「三輪山をしかも隠すか雲だにもこころあらなも隠さふべしや(額田王)」

三輪山を神体山とする大神神社では、故実を再現するように平成16年(2004年)から「三輪山まほろば短歌賞」を設立し、神前に奉献する短歌を募るとともに、短歌という日本文化の保存発展に努めています。

1300年の時を超えて、万葉歌人と心をともにしてみてはいかがでしょうか?

Image by Casia Charlie on Pexels

応募要項

応募要項は以下の通りです。必ず公式サイトにて最新の情報を確認してください。

締め切り一般の部:2020年9月1日(火) 必着
高校生以下の部:2020年9月7日(月) 必着
作品点数一般は相応の応募料を納めれば制限なし。
高校生以下は1人につき2首まで。
作品条件・自作未発表歌
・相聞歌(愛の歌、人に贈る歌)または題詠「和」、自由詠
応募条件特になし
応募方法郵送
応募料一般の部は2首まで1,000円。1首増えるごとに500円追加。
高校生以下無料
表彰額田王賞、選者賞、大神神社宮司賞ほか
発表2020年10月中旬、入選者に通知。
顧問岡野弘彦
尾崎左永子
選者奈賀美和子
藤岡きぬよ
松﨑英司
公式サイトまほろば短歌賞|大神神社

過去の開催の様子

昨年(2019年)第16回大会の受賞作および受賞者は次の通りです。

額田王賞(一般の部の最優秀賞)

いつしかに伝言板の消えし駅みな俯いてたたく指文字

北海道 鎌田誠

高校生以下の部の最優秀賞

解きかけの方程式置き机にはただただ朝の光降りくる

茨城県立土浦第一高等学校2年 渡邊陽基

合わせて読みたい

タイトルとURLをコピーしました