2023年の短歌界のできごとの記録

この記事は、2023年に歌壇(短歌の世界)で起きたニュースや出来事をまとめて記録したものです。

昨年2022年の記事と同様に「現代短歌の事件簿」の下書き的な位置づけで、短歌界で起きた出来事を網羅的に記録していきたいと思います。

当然ながら私一人の力では多くの重要な出来事を見落とすことは間違いありませんので、ぜひ皆様のご協力を願いたいと思います。

情報をお持ちの方はコンタクトフォームまたはTwitterのほうからご連絡よろしくお願いします。

2023年の短歌界の出来事

1月のできごと

日付できごと
1/1御殿山みなみが、短歌と評のシステム「評bot」を再開(~1/15)
1/2バンド「左右」が考案したオリジナルゲーム「サイコロ短歌」のPVを公開
1/3短歌を読む人・詠む人のためのコミュニティ『ヨミアウ』が一般オープン
1/7上坂あゆ美×岡本真帆「いま語りたいこの短歌」(本のあるところ ajiro)
1/8ラジオネーム展翅零の冬の短詩バー
1/8いま最も注目を集める若手歌人による短歌クロストーク ~たとえば、のつくり方~」(BOOKS&TEA三服)
1/9NISHIKIYA KITCHEN(ニシキヤキッチン)が岡村真帆の短歌を使用したプロモーション動画を投稿
1/13現代歌人協会が「2023新春現代歌人協会ネプリ」を発行
1/14水原紫苑が毎日歌壇の選者に(前年逝去の篠弘に変わり)
1/15文学フリマ京都7」開催
1/15「うたよみん」がサービス終了を発表。3月末日で全データを削除する。
1/21「出張版・無責任な抒情 〜梅田死闘編〜」(阿波野巧也, 大塚凱)
1/28『ヨミアウ』と『最適日常』が提携
1/28『指先に羽根』短歌朗読 単独ライブ」(自作朗読・ヴァイオリン演奏:白糸雅樹)
1/31「七五書店」閉店

2月のできごと

日付できごと
2/1「短歌のニュース」が始動。ハッシュタグ「#短歌ニュース」で共有を呼びかけ。(運営は深水英一郎)
2/3Twitterのアカウント凍結騒動に端を発したハッシュタグ企画「#凍結祭りだし辞世の句詠もうぜ」が突発開催俵万智なども参加
2/22『57577 ゴーシチゴーシチシチ きらきら青春編』発売
2/26文学フリマ広島5

3月のできごと

日付できごと
3/1「短歌桜 2023」開催(募集:1/13~2/20)
3/5「短歌作家がつなぐリレーネプリシリーズ」のシーズン3が発行。No.41からNo.50まで一挙10歌人分のネプリが同時配信された。
3/5『海辺のローラーコースター』出版記念会開催
3/10ファッション誌『GINZA』4月号で短歌を特集。「2023年春 知っておきたい流行と人気」
3/12「短歌教室」公開講座 金川宏さん×牛隆佑さんトークイベント「こんなにおもしろい!今どきの短歌」が開催
3/14NHK「クローズアップ現代」で短歌特集「空前の“短歌ブーム”は何映す 令和の歌に託した思い」が放送。番組にともない「春」をテーマに短歌の募集も。
3/23アイドル歌会@お花見スペシャル」が開催。「池袋文化祭2023」(3/12~4/20)の短歌部公演として。
3/23ファッション誌『SUPR』5月号の特集「Explore New Japan まだ見ぬ日本にときめく」内で、木下龍也が東京名所をテーマに5首の短歌を詠み下ろし
3/25島根県立万葉公園短歌ワークショップ(講師:田村穂高)開催
3/30池松舞『野球短歌 さっきまでセ界が全滅したことを私はぜんぜん知らなかった』刊行。11月には3刷となる。

4月のできごと

日付できごと

5月のできごと

日付できごと
5/7「短歌の日」(企画:深水英一郎)開催
5/11X上の月例刀剣短歌企画として「刀剣短歌流し」がはじまる。
5/21文学フリマ東京36
5/29NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」から劇中の短歌・詩を収めたアンソロジー詩歌集『トビウオが飛ぶとき』(桑原 亮子)が発売

6月のできごと

日付できごと
6/18文学フリマ岩手8

7月のできごと

日付できごと
7/9文学フリマ札幌8

8月のできごと

日付できごと

9月のできごと

日付できごと
9/10文学フリマ大阪11
9/25「第1回カクヨム短歌・俳句コンテスト」結果発表

10月のできごと

日付できごと
10/4ananで短歌特集
10/4文藝春秋ウェビナー「短歌のあなた」(穂村弘)の第1回。初回ゲストはハイパーミサヲ
10/6「ダ・ヴィンチ」11月号で短歌特集
10/8AI歌壇が第4回から毎月短歌として改称
10/9「短歌の秋まつり」(企画:深水英一郎)開催
10/16Kanroが「金ミル短歌キャンペーン」を開催。23日まで短歌を募集
10/19『荻窪メリーゴーランド』×『うれしい近況』ダブル刊行記念イベント 阿佐ヶ谷短歌フェス
10/22文学フリマ福岡9
10/25TOPPANのくずし字解読アプリ「古文書カメラ」Android版の配信を開始
10/27福井県ふるさと文学館で企画展「俵万智展 #たったひとつの「いいね」」が開催(~2024年2月4日)
10/28「歌人・科学者 永田和宏さん×AI短歌」

11月のできごと

日付できごと
11/2アイドル歌会@紅葉狩りスペシャル
11/2俵万智に紫綬褒章
11/11文学フリマ東京37
11/14谷川俊太郎と木下龍也の展示「これより先には入れません」(~11/19)
11/17~12/17)「ヒュー!日向 マッチング短歌 2023」開催
11/18第6回 現代歌人の集い
11/23「布の芸術祭 FUJI TEXTILE WEEK」で伊藤紺と木下龍也による「歌人2人の展覧会」(~12/17)が開催。また12月9日には「歌人2人のトーク」が開催
11/25X上で刀剣乱舞の二次創作短歌企画「みそひともじのかりつかい参(#三十一雁参)」開催
11/25X上で刀剣乱舞の二次創作短歌企画「刀剣短歌強火運動会2023秋」開催
11/26『おやすみ短歌』『荻窪メリーゴーランド』『夜を着こなせたなら』刊行記念企画 枡野浩一×木下龍也×山階基トークイベント「西荻派のゆうべ2」
11/29『短歌の秋2023』kindle版配信開始
11/30noteが「noteでふり返る2023年のトレンド12選」を発表。トレンドの11番目には「令和の短歌ブーム」が。

12月のできごと

日付できごと
12/1『翅ある人の音楽』刊行記念フェア「翅ある人の自由帳 歌人·濱松哲朗ができるまで」(~12/30)
12/1~12/25)ルミネ池袋クリスマス開催。買い物で木下龍也や岡本真帆の書き下ろし短歌のステッカーがもらえる。
12/2榊原紘×高島鈴『推し短歌入門』発売記念トークイベント」開催
12/3現代歌人集会秋季大会
12/6『うたわない女はいない』重版記念トーク&公開歌会
12/8あの井/吉田衣織奈の初個展「キネティックサンドの城」(~12/17)
12/15FMラジオ番組「MOTIVE!!」で短歌を特集「MOTIVE!!歌会vol.3」(出演:國兼秀二、俵万智)
12/162023年の短歌とその周辺」(出演:木下龍也、岡本真帆)
12/16『白い箱』刊行記念トークセッション 正岡豊×穂村弘
12/17「今年の短歌」2023年下半期で選ばれた130首が発表(募集:12/2~12/9)
12/19C-1グランプリ200回記念トークイベント「クイズと、短歌と、コピーの話。」
12/23山階基『夜を着こなせたなら』刊行記念座談会
12/27毎年恒例の千葉優作企画のハッシュタグ企画「#2023年の自選五首を呟く」開催(~12/30)

こちらの記事もおすすめです

タイトルとURLをコピーしました