Topic:岩倉曰「sotoko」好評配信中!

史上最強はどれだ?剣術流派伝説力ランキング

この記事は、日本史における様々な剣術流派の伝説力をランキングで紹介するものです。

日本史には様々な剣術流派があらわれます。日本史の強力な魅力の一つであるサムライ。その魅力を強く補っているのが様々に特徴のある剣術流派の存在でしょう。それぞれが違う形の最強を信じて技術を研究して比べ合っていたからこそ、後世我々が「if」を楽しむ幅が広がったともいえると思います。

同じ条件で比べ合うことなどはそもそも無理な話ですが、だからこそそれぞれの流派の後世への影響力や、知名度、歴史上のインパクト、そしてどれだけ高名な剣術家を生んだかなど、その伝説力を比べ、ランキングとして楽しんでみようというものです。

月500円で映画・アニメが見放題!
-Amazon Prime Video-

1位 北辰一刀流

千葉周作が生み出した流派です。千葉家に伝わる北辰流と北辰夢想流に、一刀流を統合して創始されました。簡略な目録制度や竹刀稽古を取り入れ、その実力本位の環境は剣術の近代化に大きな影響を与えたといえるでしょう。幕末大いに流行した三大剣術のひとつでもあり、中でも北辰一刀流は「技の千葉」などと称されていたことから、技術的な評価が高い流派だったことがうかがえます。

非常に多くの門下を育てましたが、特にその名を高らしめた存在としては坂本龍馬が挙げられます。また、剣士として名高いのは新選組最強候補にも挙げられる服部武雄、明治初期の剣道界に大きな影響を与えた内藤高治、また一刀正伝無刀流を開いた山岡鉄舟も北辰一刀流を学んでいます。

知名度、後世への影響力、門下の剣名の高さ、多さなどから、日本史上最も大きな存在といえるかもしれません。

2位 薬丸自顕流

薬丸兼陳が薬丸家に伝わる野太刀の技と示現流とを統合し、独自の創意工夫を加えて生み出した流派です。幕末の四大人斬りのうち二名(中村半次郎とおそらく田中新兵衛も)もがこの流派の出身です。「二の太刀要らず」とも形容されるように、先手必勝、初撃に全身全霊を掛ける哲学は、その修練法にも表れています。蜻蛉と呼ばれる振りかぶる形から猿叫と呼ばれる叫び声とともに「横木打ち」を反復して練習します。この修練によって培われた衝撃力は、たとえ防がれたとしても刀ごと叩き斬るか、相手の刀の峰や鍔で頭蓋を叩き割ることすら可能なほどでした。

御留流となった示現流ともども薩摩から出ることはなかったため、長らくその剣理の優れたところを証明する機会はありませんでした。しかし幕末の尊王攘夷騒動や西南戦争など、薩摩藩が大きくかかわる時代になると薩摩藩士のことごとくが振るうその超実践的な剣術に他藩の剣士は恐れおののくことになります。

3位 一刀流

鐘巻流およびその源流たる中条流を学んだ伊藤一刀斎により編み出されました。一刀斎自身が実践において自らの強さを証明して見せた剣術史上最強クラスの剣豪であるとともに、後世に与えた影響は非常に大きいものがあります。

将軍指南役まで上り詰めた小野忠明の小野派一刀流、白井亨を生んだ中西派一刀流、千葉周作の北辰一刀流、山岡鉄舟の一刀正伝無刀流、そして維新後の高野佐三郎まで、その系譜には多くの名人と有名流派が名を連ねます。

現代剣道にまで強い影響を与えた一刀流は、まさに近代剣術の源泉であったといえるかもしれません。

4位 新陰流

剣聖の誉れ高い上泉伊勢守が創始した剣術流派です。その剣術は神後伊豆疋田文吾、そして柳生石舟斎らの高弟に受け継がれました。特に柳生家が将軍指南役に昇り詰めるなどして家名を高めるとともに、新陰流の剣名も増々高まったものでもあります。一般に柳生家の剣を柳生新陰流などとも称しますが、特段別流派を打ち立てたものでもなく、同じ流派となります。柳生十兵衛、柳生連也斎などの高名な剣士はもとより、こちらもまた剣聖とも称される柳生宗矩を生むにいたりました。

5位 天然理心流

新選組の中心人物たちが学んでいた剣術流派です。局長の近藤勇、副長の土方歳三、一番隊組長の沖田総司などが有名です。その政治的、また悲劇的な運命で名を高めるまでは多摩地方の弱小田舎剣術流派に過ぎなかったものでもあります。一方でその実践的成果で剣名を上げたのも事実であり、沖田総司などは様々な流派の腕自慢が集まる局中で、撃剣師範を勤めていたのことこですから、その強さは間違いないものだったのでしょう。

200万曲が聴き放題!-Amazon Music Prime-

さいごに

当然ながら真実の強さとは実際に比べ合わなければ分からないし、その時々の状況でも結果は変わることでしょう。そして何よりどの剣術を学んだかというよりも個々人の生来の身体的優位性や、共通する基本的技術の習熟によるところが大きく、流派の最強論争などは実りの無いものかもしれません。

しかしながらだからこそ、もしも宮本武蔵が幕末に道場破りを繰り返していたら?沖田総司が三大流派を学んでいたら?そういった妄想が膨らむというもの。そういったあらゆる可能性を比べ合うことで、また面白い視点や発見があるのかもしれません。より多くの方の歴史を楽しむ手掛かりとなることを祈って。

こちらの記事もおすすめです

タイトルとURLをコピーしました