史上最強の柔道家伝説力ランキング

この記事では、過去も含めて日本のみならず世界の柔道家の中から最強と呼ぶにふさわしい人物をランキング形式で紹介します。

1位 木村政彦

1917年(大正6年)生まれの柔道家です。全日本選手権を13年連続保持し15年間不敗のまま引退しました。この当時の柔道日本一ということはつまり柔道世界一はもちろん、格闘技世界一に近い意味合いがあったことでしょう。その偉業から「木村の前に木村なく、木村の後に木村なし」と称えられるとともに「鬼の木村」といった異名もあります。

講道館柔道だけでなく、幼少の頃は古流柔術の竹内三統流柔術を、のちに牛島辰熊に見いだされ拓殖大学で高専柔道も修めました。恵まれた体格に加え、畳をうちわ替わりに扇ぐなどといった化け物じみたパワーの逸話が多く残っています。寝技に帯や袖を使う技術や、立ち技から腕緘への変化などといった技術の開発も行うなど、テクニシャンでもありました。才能に恵まれながらそれにうぬぼれず「3倍努力」を掲げ誰も手にすることができない強さを手に入れたようです。

引退後プロレスラーに転向し、力道山との試合において大敗したためにその名声は大いに傷つきました。力道山側の騙し討ちとの話もありますが、このことさえなければ、日本柔道史上いや日本格闘技史上もっと大きな存在として今も語り継がれていたかもしれません。

2位 山下泰裕

1957年(昭和32年)生まれの柔道家です。全日本選手権9連覇、7年余の無敗、203連勝(引き分け含む)、対外国人選手には生涯無敗(116勝無敗3引き分け)などといった記録を打ち立てました。柔道が、そして日本が世界に広がる中で強い日本となることを一身に背負い、そしてそれを実現して見せた象徴的な柔道家でした。

政治的理由で日本がモスクワオリンピックをボイコットしたために、次のロサンゼルスオリンピックにしか出場はできませんでした。モスクワの涙、そして満身創痍の状態でつかんだロスの金メダルと、悲劇的なドラマ性も合わせて、人々の記憶に強く印象付けられた柔道家でもありました。

怪我の影響もあり28歳という若さで引退したこと、また国際柔道の発展期であったこともあり、その記録としての数字はインパクトのあるものばかりではありませんが、203連勝という記録にはまだ誰も近づくことすらできていません。

3位 テディ・リネール

1989年生まれのフランスの柔道家です。2007年の世界選手権で史上最年少で優勝すると、そこから世界選手権10大会連続優勝(100 kg超級8連覇)などを達成し、いまだに(2020年1月現在)世界の頂点に君臨し続けています。今や競技人口では母国日本を上回る柔道王国フランスが生んだ、現代国際柔道の最高傑作といえるでしょう。基本に忠実なしっかりとした技術の立ち技とともに、2mを超す圧倒的な体格とパワーで危なげない試合を組み立てます。

2010年9月から2020年2月までの9年5カ月の間には154連勝という記録を立てています。

4位 三船久蔵

1883年(明治16年)生まれの柔道家です。講道館柔道を開いた加納治五郎の理論を実践において実現し「理論の嘉納、実践の三船」とも称されました。講道館柔道十段位を授与された数少ない柔道家で、その優れた技術から名人と称えられました。球車、大車、踵返、腕挫三角固等多数の新技を発明するとともに、三船の代名詞ともいえる空気投げ(隅落)を生み出しました。足を掛けたり腰に乗せたりなどの体捌きだけで投げる技法は、名人の印象をより強めている感があります。

5位 前田光世

1878年(明治11年)生まれの柔道家です。アメリカへ柔道使節として渡り、その後使節団を離れ全米各地を転戦しました。さらにはメキシコ、ヨーロッパ、ブラジルと各地を転戦し、柔道の威信を高めるとともにその普及に大きく貢献しました。柔道着を着ての試合においては、何千試合もの果てについに無敗だったとされています。コンデ・コマの異名も。

およそ圧倒的なアウェーの中、心身ともに万全を約束できない環境で、戦い続け勝ち続けた実績は柔道家という枠を超えて格闘家としても稀有な存在といえるでしょう。

最終的に落ち着いたブラジルでは、広くその技術を伝えグレイシー柔術をはじめとしたブラジリアン柔術の草創期に大きな影響を与えました。

こちらの記事もおすすめです

タイトルとURLをコピーしました