- 公募TOPへ -
小説 エッセイ 童話 高校生 短歌 俳句 川柳 マンガ イラスト

最適日常(短歌系)のTwitterアカウントもよろしくお願いします

第40回 現代短歌評論賞

「第40回 現代短歌評論賞」は、短歌研究社が募集する、短歌の評論を対象とした公募コンテストです。

主要な条件

  • 募集作品:評論(短歌)
  • 応募制限:なし
  • 応募締切:2022年7月1日
  • 最高賞品:10万円
  • 前回応募:―
    ※応募の際にはあらためて最新の公式情報をご確認ください。

応募条件の概要

▽広告以下の応募条件をご確認ください

締切・募集期間

2022年7月1日(当日消印有効)

募集内容

課題

現代の短歌と以下の事柄との関係について、歴史的な観点を踏まえながら、自由に論じてください。
1~3 からひとつ選択することとします。

  1. 口語短歌の歴史的考察
  2. ジェンダーと短歌
  3. 「疫の時代」の短歌

論じるにあたり、短歌史の流れを踏まえるように心がけてください。
各論(歌集論や歌人論)にはならないように、広い視野で論じていただくことを望みます。

応募規定

課題に則した未発表の論文に限ります。
文字数=四百字詰用紙20~30枚相当(プラス表題)。
原稿用紙に手書きの場合は、A4判を使用。
パソコンの場合は、A4判用紙に縦書きで、罫線等使用せず、40字×30行で印字すること。

1. 出身地 2. 現住所・電話番号 3. 氏名 4. 生年月日 5. 職業 6. 歌歴・所属誌 7. 論文の主旨内容を200字程度にまとめたものを別紙に添付。
(個人情報は、受賞発表掲載以外には使用いたしません)

(編注:他送付方法、諸権利などについては公式情報を確認ください)

賞状・副賞10万円

過去の開催について

開催タイトルと著者
39回「SNS時代の私性とリアリズム」小野田 光
38回「歌人という主体の不可能な起源」弘平谷隆太郎
37回「なぜイオンモールを詠むのか ――岡野大嗣『サイレンと犀』にみる人間性護持の闘い」土井礼一郎
36回「短歌結社の未来と過去にむけて」松岡秀明
35回「黒衣の憂鬱 ――編集者・中井英夫論」雲嶋 聆

選考委員

篠 弘, 三枝昻之, 今井恵子, 谷岡亜紀, 寺井龍哉

発表

「短歌研究」10月号誌上

こちらの記事もおすすめです

タイトルとURLをコピーしました