- 公募TOPへ -
小説 エッセイ 童話 高校生 短歌 俳句 川柳 マンガ イラスト

Topic:嶋稟太郎 第1歌集『羽と風鈴』好評発売中!

第70回 地上文学賞

「第70回 地上文学賞」は、月刊誌『地上』が募集する小説を対象とした公募文学賞です。

主要な条件

応募条件の概要

締切・募集期間

2022(令和4)年7月31日(当日消印有効)

募集内容

現代の農業・農村における問題、そして希望とは――

最優秀賞作品は『地上』に全文掲載します。

1947年の創刊以来、全国のJA青年組織の盟友やJA役職員の学習誌として親しまれてきた
月刊誌『地上』が小説を募集します。
経済のグローバル化や頻発する自然災害など、日々変化にさらされているのが、現代の農業・農村です。
問題と真摯に向き合い、未来に希望を見出だせるような作品を期待します。

応募要項

  • 400字詰め原稿用紙で最高50枚まで(50枚に満たない作品も歓迎)。
  • タイトル、住所、氏名、年齢、職業、電話番号、略歴を付記のこと。
  • 原稿は縦書きとし(ワープロも可)、とじて郵送。

その他

  1. 未発表の作品に限ります。
  2. 応募原稿は返却いたしません。
  3. 入選作の著作権は家の光協会に帰属します。

(※他送付方法、諸権利などについては公式情報を確認ください。)

  • 地上文学賞
    … 正賞・高級時計 副賞・賞金50万円
  • 佳作
    … 5万円

過去の受賞作

第69回(応募総数:43篇)

  • 地上文学賞
    『笑顔の理由』中川陽介
  • 佳作
    『おばぁと芒果』国梓としひで

第68回(応募総数:47篇)

  • 地上文学賞
    『茅の家』渡邊夏葉
  • 佳作
    『農家のヨメさん』鳥井綾子
    『天気雨』永田祥二

※受賞時のタイトルおよび筆名から変更されている場合があります。

選考委員

作家・芦原すなお, 作家・山下惣一

発表

『地上』2023(令和5)年1月号誌上に掲載します。

関連

地上文学賞とは

こちらの記事もおすすめです

タイトルとURLをコピーしました