- 公募TOPへ -
小説 エッセイ 童話 高校生 短歌 俳句 川柳 マンガ イラスト

最適日常(短歌系)のTwitterアカウントもよろしくお願いします

第5回 超然文学賞

第5回 超然文学賞は、金沢大学が募集する高校生による小説および短歌を対象とした公募文学賞です。

主要な条件

  • 募集作品:小説(短編), 短歌(連作15首)
  • 応募制限:高校生相当
  • 応募締切:2022年8月19日
  • 最高賞品:図書カード3万円分 + 特別入試資格
    ※応募の際にはあらためて最新の公式情報をご確認ください。

応募条件の概要

▽広告以下の応募条件をご確認ください

締切

2022年8月19日(金)(必着)

(応募期間2022年7月1日(金)~)

募集作品

小説部門:1人1編(40字×40行・5~8枚)

短歌部門:1人15首

応募資格

高校相当の在学者または高卒認定試験合格の者で、小説・短歌のコンクール等で成績優良の者。または学校長推薦の者。

※詳しくは公式募集要項を確認

  • 最優秀賞(各部門 1作品):賞状・楯・副賞(図書カード3万円分)
  • 優秀賞(各部門 2作品程度):賞状・楯・副賞(図書カード1万円分)
  • 佳作(各部門 3作品程度):賞状

※該当なしとする場合があり

過去の受賞作

開催タイトルと著者
4回小説部門 最優秀賞
「可惜夜の夢」寺田 舜
短歌部門 最優秀賞
「母の名」加藤 千晶
第4回結果・講評
3回小説部門 最優秀賞
「生命線」溝川 貴己
短歌部門 最優秀賞
「晩夏光」渡邊 陽基
第3回結果・講評
2回小説部門 最優秀賞
「波音と潮風」稲垣 実里
短歌部門 最優秀賞
「きんぴらごぼう」松田 わこ
第2回結果・講評
1回小説部門 最優秀賞
豊田 佳那
短歌部門 最優秀賞
山本 菜々香
第1回結果・講評

※受賞時のタイトルおよび筆名から変更されている場合があります。

選考委員

金沢大学学内委員と学外委員(小説家:久美沙織,歌人:黒瀬珂瀾)で構成する審査委員会によって、審査

発表

2022年10月7日(金)に金沢大学Webサイトにて発表。受賞者には郵送にて結果を通知

優秀賞以上の受賞者を対象に表彰式を行う(時期未定)。 新型コロナウイルス感染症の状況によっては、中止する場合があり

主催

金沢大学

こちらの記事もおすすめです

タイトルとURLをコピーしました