- 公募TOPへ -
小説 エッセイ 童話 短歌 俳句 川柳 イラスト

Topic: 岩倉曰 第1歌集『harako』好評発売中!

彩の国・埼玉りそな銀行 第53回 埼玉文学賞

彩の国・埼玉りそな銀行 第53回 埼玉文学賞は、埼玉新聞社が募集する小説、詩、短歌、俳句の4部門を対象とした公募文学賞です。

主要な条件

  • 募集作品:小説, 詩, 短歌, 俳句
  • 応募制限:なし(県外者は埼玉に関する作品)
  • 応募締切:2022年8月31日
  • 最高賞品:賞金100万円(小説)/賞金30万円(他部門)
  • 公式情報:2022年度 埼玉文学賞作品募集|埼玉新聞
    ※応募の際にはあらためて最新の公式情報をご確認ください。
スポンサーリンク

応募条件の概要

締切

2022年8月31日(消印有効)

募集作品

県内在住、在勤、在学者の場合は自由。県外者の場合は、埼玉の事物、風土、人間、歴史など埼玉との関わりをテーマにした作品であること

小説部門

手書きの場合は400字詰め原稿用紙で50枚以内。パソコンやワープロの場合はA4の白紙の用紙を横置きにし、1枚あたり40字×30行で縦書き、片面印刷(原稿用紙に換算した枚数も明記)。

詩、短歌、俳句部門

詩は2編、短歌は20首、俳句は20句を一組にして応募。点数に過不足がある場合は失格。縦書きで、手書きかパソコンやワープロで印字を。短歌と俳句は連作の場合は題名を明記い。

  • 小説部門:賞金100万円
  • 詩部門:賞金30万円
  • 短歌部門:賞金30万円
  • 俳句部門:賞金30万円

過去の受賞作

開催タイトルと著者
52回

2021年

865作
小説部門
―「入間川」アグニュー恭子
詩部門
―「おめかし」新沢まや
短歌部門
―「しののめの空」森暁香
俳句部門
―「鏡の国」渡邊輝夫
51回

2020年

655作
小説部門
―「つぎつぎ、生る」渓木けい
詩部門
―正賞該当作なし
短歌部門
―「二重の虹」えんどうけいこ
俳句部門
―正賞該当作なし
50回

2019年

不明
小説部門
―「ツクモの家」霜月ミツカ
詩部門
―正賞該当作なし
短歌部門
―正賞該当作なし
俳句部門
―正賞該当作なし
49回

2018年

622作
小説部門
―「見張り塔」絵尾奈未乃
詩部門
―「羽化」林哲也
短歌部門
―正賞該当作なし
俳句部門
―正賞該当作なし
48回

2017年

495作
小説部門
―「家族の行方」中嶋晋也
詩部門
―正賞該当作なし
短歌部門
―「輜重兵なりし父」阿部功
俳句部門
―正賞該当作なし

※より過去の受賞作については「埼玉文学賞」のページへ

※受賞時のタイトルおよび筆名から変更されている場合があります。

選考委員

小説部門

須賀しのぶ, 新津きよみ, 三田完

詩部門

木坂涼, 北畑光男, 中原道夫

短歌部門

沖ななも, 金子貞雄, 内藤明

俳句部門

鎌倉佐弓, 佐怒賀直美, 山﨑十生

発表

2022年9月に審査会を開いた後、対象者には事務局から連絡。結果については10月下旬の埼玉新聞とHPで発表する予定。表彰式は11月を予定。

関連

こちらの記事もおすすめです

タイトルとURLをコピーしました