- 公募TOPへ -
小説 エッセイ 童話 高校生 短歌 俳句 川柳 マンガ イラスト

Topic:toron* 第1歌集『イマジナシオン』好評発売中!

第18回 笠岡市木山捷平文学選奨

「第18回 笠岡市木山捷平文学選奨」は、岡山県笠岡市が募集する、短編小説・随筆・詩・短歌・俳句・川柳を対象とした公募コンテストです。

主要な条件

  • 募集作品:短編小説, 随筆, 詩, 短歌, 俳句, 川柳
  • 応募制限
    • 短編小説:なし
    • 他部門:過去現在に笠岡市に在住、在勤、在学した者
  • 応募締切
    • 短編小説・随筆・詩:2022年9月26日
    • 短歌・俳句・川柳:2022年11月1日
  • 最高賞品:50万円(小説)/3万円(他部門)
  • 前回応募:総数 122作品(第17回 全部門 一般)
  • 公式情報:第18回笠岡市木山捷平文学選奨(令和4年度)作品募集開始  – 笠岡市ホームページ
    ※応募の際にはあらためて最新の公式情報をご確認ください。

応募条件の概要

締切・募集期間

  • 短編小説・随筆・詩:2022年9月26日(月)
  • 短歌・俳句・川柳:2022年11月1日(火)

募集内容

  • 随筆
    1人1編 原稿用紙10枚以内

  • 1人3編以内 1編につき本文40行以内
  • 短歌
    小・中学生 1人3首以内
    一般 1人10首1組
  • 俳句
    小中学生 1人3句以内
    一般 1人10句1組
  • 川柳
    小中学生 1人3句以内
    一般 1人10句1組

応募資格

  • 短編小説については、全国から公募し、新人の未発表作品とします。
  • 他の部門は、笠岡市内に在住・在学又は勤務地のある方、過去に笠岡市内に在住・在学又は勤務地のあった方とし、未発表の自作の作品とします。(過去一年間の同人誌への自薦の応募作品は可)
  • 年齢は問いません。

*前年度最優秀受賞者は、同一部門では審査対象としませんが、作品集に掲載することがあります。

(※他送付方法、諸権利などについては公式情報を確認ください。)

短編小説

  • 木山捷平短編小説賞(1名)
    正賞として賞状、副賞として50万円

随筆

  • 最優秀(1名)
    正賞として賞状、副賞として3万円
  • 優秀(1名)
    正賞として賞状、副賞として2万円
  • 入選(2名)
    正賞として賞状、副賞として1万円

小中学生の部

  • 入選(18名)/佳作(18名)
    正賞として賞状、副賞としてメダルと図書カード

一般の部

  • 最優秀(1名)
    正賞として賞状、副賞として3万円
  • 優秀(1名)
    正賞として賞状、副賞として2万円
  • 入選(2名)
    正賞として賞状、副賞として1万円
  • 高校生特別賞
    正賞として賞状、副賞として5千円
    ※一般の入賞には及ばないが高校生として入賞に値する場合

短歌・俳句・川柳

小・中学生の部

  • 小学生の部 入選各4名 佳作各4名
  • 中学生の部 入選各3名 佳作3名
    正賞として賞状、副賞としてメダルと図書カード

一般の部

  • 最優秀(1名)
    正賞として賞状、副賞として3万円
  • 優秀(1名)
    正賞として賞状、副賞として2万円
  • 入選(2名)
    正賞として賞状、副賞として1万円

過去の受賞作

第17回

  • 短編小説賞
    『雪』阿壇幸之
  • 随筆部門 最優秀賞
    「おにぎり」釜井万由子
  • 詩部門 最優秀賞
    「御玉のうなじの赤い闇」西井 深一
  • 短歌部門 最優秀賞
    「茅の輪くぐり」藤原 勉
  • 俳句部門 最優秀賞
    「二重虹」山崎 淑加    
  • 川柳部門 最優秀賞
    「シナリオ」小野美那子

※受賞時のタイトルおよび筆名から変更されている場合があります。

選考委員

  • 短編小説:川村 湊, 佐伯一麦
  • 随筆:柘野健次, 吉岡純子
  • 詩:壷阪輝代, 坂本法子, 大塚政樹
  • 短歌:谷本史子, 大月洋子
  • 俳句:津崎巴津, 平春陽子
  • 川柳:高木勇三, 髙橋土筆坊

発表

令和5年1月に受賞作品を発表し、3月に表彰式を行います。

主催

笠岡市, 笠岡市教育委員会, (公財)笠岡市文化・スポーツ振興財団

関連項目

笠岡市木山捷平文学選奨とは

こちらの記事もおすすめです

タイトルとURLをコピーしました