短歌ネプリ『烏合の衆』配信中!

笠岡市木山捷平文学選奨

笠岡市木山捷平文学選奨は、笠岡市が募集する短編小説、随筆、詩、短歌、俳句、川柳を対象とした公募コンテストです。

特徴

岡山県笠岡市が同市出身の小説家木山捷平の業績を顕彰し、市民の文芸創作活動を奨励する目的で創設。6部門(短編小説、随筆、詩、短歌、俳句、川柳)の文芸作品について募集する地方文学賞。短編小説のみ全国公募で、他5部門は笠岡市在住、在学、在勤の者に限られる。表彰式は毎年3月。

[ad]

これまでの開催状況

過去の募集概要(第17回開催時)

  • 募集作品:短編小説, 随筆, 詩, 短歌, 俳句, 川柳
  • 応募制限:短編小説はなし/他5部門は笠岡市在住、在学、在勤者
  • 応募締切:9月24日
  • 最高賞品:賞金50万円(短編小説)
  • 応募総数:223編(短編小説)/4,561編(他5部門)
  • 公式情報:第17回笠岡市木山捷平文学選奨  – 笠岡市ホームページ

歴代受賞作品

木山捷平短編小説賞の歴代受賞作品

開催タイトルと著者
17回『雪』阿壇幸之
16回『シルエット・R』三ヶ島 零
15回『夕焼けの音』川端 豊子
14回『鞄の中』鷲見 京子
13回『骨とトマト』梅津 里江
12回『極楽風呂』高橋 達矢
11回『お茶の時間』金子 由実
開催タイトルと著者
10回『本宮鉄工所』真野 光一
9回『高那ヶ辻』西島 恭子
8回『雨あがりの奇跡』太田 貴子
7回『異土』吉野 光久
6回『回路猫』福井 幸江
5回『チヨ丸』大野 俊郎
4回『池』福田 敬
3回『背中の傷』紺野 真美子
2回『マルジャーナの知恵』木下 訓成
1回『最終バス』牛山 喜美子

こちらの記事もおすすめです

タイトルとURLをコピーしました