Topic:短歌コンテスト「たにゆめ杯2」作品募集中!

短歌のYouTubeチャンネルや番組の6選

この記事では短歌にスポットを当てたYouTubeチャンネルおよび動画について紹介します。

スマホの普及、そして優秀な動画アプリの一般化によって動画制作のハードルは大きく下がりました。YouTuberといった新しい職業も誕生し、サービスやコンテンツを提供する企業も個人も、動画配信を戦略の中心に据えるのが常識となりつつあります。

短歌というコンテンツが動画に向いているかどうかというのは、難しいところではありますが、手探りながらも自身の魅力を発信し、短歌の領域を拡大させようと何人かの歌人が挑戦をはじめています。

この記事では、そんなYouTubeで短歌に関する動画を配信している6つのチャンネルについて紹介したいと思います。

短歌のYouTubeチャンネル6選

笹公人選歌欄ch.抒情の奇妙な冒険

未来短歌会の選者である笹公人さんが持つ選歌欄「抒情の奇妙な冒険」のYouTubeチャンネルです。おそらく選歌欄としてチャンネル開設されるのは史上初のことではないでしょうか。

笹さんといえば一流歌人として多くの短歌大会の選者や講演をこなしているわけですが、さらにはかつてTVでタレント歌人とでも言うべきポジションで活躍していただけあって、今どきの動画配信にも違和感のないテンションと話術にはさすがの雰囲気があります。

第1回配信のゲストは小島なおさん。配信の内容は、およそゲスト歌人の歌集や短歌を紹介し掘り下げていくものと、笹欄(抒情の奇妙な冒険)の歌々を紹介し観賞するようなものとの2本立てになっていくようです。細かいカットやSEの多用など、YouTuberらしい編集にも研究の跡が見られ、数ある短歌関連のYouTube動画の中でも、腰の入れようが群を抜いています。

現代短歌界のトップランナーである笹公人さんの鑑賞を学べるYouTubeチャンネルに、今後とも目が離せません。

YouTubeチャンネル:笹公人選歌欄ch.抒情の奇妙な冒険

さつよしTV 芸人歌会

札幌よしもとが運営するYouTubeチャンネル「さつよしTV」ではスキンヘッドカメラ岡本さんを中心に「芸人歌会」と称して、吉本所属の芸人さんを集めての歌会を行いその様子を配信しています。

お笑い芸人が歌会を、というとなんだか57577で大喜利を比べ合ってるんじゃなかろうか、短歌をネタにお笑いをしてるんじゃないだろうかといった印象を抱きがちですが、そんなことはなくいたって真面目に歌会を行っています。指導役的な立場に、歌人として大いに活躍をしている山田航さん、辻井竜一さんの二人を招いており、非常に本格的かつ真剣なものとなっています。

第8回においては俵万智さんを迎え、また次の回の特別編には伊波真人さん、近江瞬さん、toron*さんといった歌人を招いて歌合戦を行うなど、ユニークな企画も次々と打ち出し、回を重ねるごとに盛り上がりを見せています。

夏井いつきさんのプレバトで俳句が大いに盛り上がったように、この芸人歌会で短歌人気が大いに盛り上がってくれるといいですね。

YouTubeチャンネル:さつよしTV

たったふたりの短歌チャンネル

「たったふたりの短歌チャンネル」は森慎太郎さんと井口凜人さんの二人が、短歌についての様々な話題につてい語り合うYouTubeチャンネルです。

初心者に向けた短歌の作り方解説動画」や「二人で短歌を作り合う動画」などといった、様々な内容の動画を配信していますが、特に話題の最新歌集を動画で提供するコンテンツは、他ではなかなか見られない意欲的な企画だと思います。

内容が面白いのはもちろんですが、カットやテロップなどの編集も非常にしっかりした作りで、動画としても高いクオリティを持っています。

2020年5月からコンスタントに短歌動画をアップし続けているこのチャンネルが、今後さらに登録者を増やし、短歌界において定番のチャンネルとなっていくことを願わずにはいられません。

YouTubeチャンネル:たったふたりの短歌チャンネル

Twitter:たったふたりの短歌チャンネル

枡野と短歌の話

枡野さんは非常に古くからYouTubeに進出し、様々なコンテンツを配信していますが、同チャンネルにおいて今最も注目すべきシリーズと言えば「枡野と短歌の話」でしょう。

毎回ゲストを招いて短歌にまつわる話をする、いわば短歌版「徹子の部屋」といったイメージです。有料配信の形式をとっており、noteの記事を購入することで、当該放送のURLを知れるという仕組みになっています。

枡野と短歌の話 第1回(ゲスト:山階基)

購入すれば本放送を楽しめるだけでなく、関連するnoteの記事もかなりの量を読むことが出来る非常にお得な内容となっています。

第2回は猫歌人の仁尾智さん第3回は葉ね文庫の池上きくこさんをゲストに迎え同書店から配信が行われました。今後いったいどのようなゲストが登場するのか?非常に楽しみなシリーズです。

YouTubeチャンネル:マスノマスノ

鈴掛真

2019年に第1歌集『愛を歌え』を刊行し、自ら刺繍を施した「刺繍短歌」シリーズを展開するなど既存の歌人の活動に囚われない幅広い活動を行っている鈴掛真さんのYouTubeチャンネルです。

多彩な活動を行う同氏だけに短歌専門のチャンネルとはなっていませんが、それでも多くの動画が短歌関連動画となっています。短歌コンテンツとして積極的に配信しているのは、自身の短歌を朗読する動画です。

鈴掛さんファンの方はぜひとも登録しておきたいチャンネルといえるでしょう。

YouTubeチャンネル:鈴掛真

お客さまのなかに歌人はいらっしゃいませんか – Planet and Whistle

「Planet and Whistle」は「オルタナキュレーション惑星と口笛」によるYouTubeチャンネルです。主宰は西崎憲(フラワーしげる)さん。短歌のみならず、小説や詩など幅広い文芸をコンテンツとして提供する同団体が運営するチャンネルなので、もちろん動画も短歌だけに限ったものではありません。今回は「お客さまのなかに歌人はいらっしゃいませんか」と題したシリーズ動画(全4回)を提供していくとのことです。第1回は堂園昌彦さん、永井祐さん、平岡直子さんの三人が1首鑑賞を繰り広げます。

もちろん主宰の西崎さん自身歌人でもあるので、このシリーズが終わってもさらなる短歌関係の動画配信企画を提供してくれるのではないでしょうか。こちらのチャンネルも歌人としては間違いなく登録をしておきたいチャンネルといえるでしょう。

YouTubeチャンネル:Planet and Whistle

さいごに

以上6つのYouTubeチャンネルを紹介しました。

他にもフルーツポンチの村上健志さんの動画ベテランちさんこと青松輝さんの動画など単発的ながら優れた動画もあります。しかしながらイチ短歌ファンとしては、まだまだたくさんのチャンネルや動画で溢れてほしいと強く思うところでもあります。この記事をきっかけに動画コンテンツの作成に取り組む歌人が出てきてくれればうれしいところです。

ここに上げた動画やチャンネル以外にも、こんな動画があるよ!という情報をお持ちの方は、ぜひとも本サイトのコンタクトフォームTwitterまでご連絡いただければと思います。

こちらの記事もおすすめです

タイトルとURLをコピーしました