短歌ネプリ『烏合の衆』配信中!

太宰治賞

太宰治賞は、筑摩書房が募集する小説を対象とした公募文学新人賞です。

特徴

1964年に筑摩書房が創設。1978年の第14回を最後に中断していましたが、1998年、太宰治没後50年を記念して筑摩書房と三鷹市の共催の形で復活しました。受賞作には最高賞品として、賞金100万円が贈られます。応募締切は例年12月10日。

スポンサーリンク

これまでの開催状況

過去の募集概要(第38回開催時)

  • 募集作品:小説
  • 応募制限:なし
  • 応募締切:12月10日
  • 最高賞品:賞金100万円
  • 公式情報:太宰治賞

歴代受賞作品

開催タイトルと著者
20回『指の音楽』志賀泉
19回『たゆたふ蝋燭』小林ゆり
18回『緊縛』小川内初枝
17回『一滴の嵐』小島小陸
16回『多輝子ちゃん』辻内智貴
15回『最後の歌を越えて』冴桐由
14回『電車ごっこ停戦』福本武久
13回『泥の河』宮本 輝
12回『越後瞽女唄冬の旅』村山富士子
11回『花捨て』不二今日子
10回『谷間の生霊たち』朝海さち子
9回『櫂』宮尾登美子
8回受賞作なし
7回『流刑地にて』三神真彦
6回『背後の時間』海堂昌之
5回『清経入水』秦恒平
4回『月の道化者』三浦浩樹
3回『青幻記』一色次郎
2回『星への旅』吉村昭
1回受賞作なし

歴代審査員

第38回

荒川洋治, 奥泉光, 中島京子, 津村記久子

こちらの記事もおすすめです

タイトルとURLをコピーしました