最適日常(短歌系)のTwitterアカウントもよろしくお願いします

おきなわ文学賞

おきなわ文学賞は、沖縄県文化振興会が募集する7部門の文芸作品を対象とした公募文学賞です。

特徴

沖縄の文学活動を奨励するとともに、県民文化の振興に役立てることを目的として、2005年より公益財団法人沖縄県文化振興会が主催する地方文学賞。応募は県関係者のみに限定されるものの、県出身者の子孫にも資格があり、制限としてはかなり緩い設定となっています。一般文芸(小説, 随筆, 詩, 短歌, 俳句)5部門とは別に、しまくとぅば文芸部門(琉歌, しまくとぅば演劇戯曲)2部門を定め、独自の琉球文化の保全に力を入れているのも特徴的です。

スポンサーリンク

これまでの開催状況

過去の募集概要(第17回開催時)

  • 募集作品:
    • 一般文芸部門:小説, 随筆, 詩, 短歌, 俳句
    • しまくとぅば文芸部門:琉歌, しまくとぅば演劇戯曲
  • 応募制限:
    • 一般:県在住、在学、在勤、出身、系人の者。アマチュアのみ
    • しまくとぅば:県在住、在学、在勤、出身の者。プロも可
  • 応募締切:9月30日
  • 最高賞品:賞金10万円(小説)
  • 応募総数:495作品(全7部門)
  • 公式情報:おきなわ文学賞|沖縄県文化振興会

歴代受賞作品

参照:過去の入選情報 | おきなわ文学賞|沖縄県文化振興会

第16回入選作品

  • 小説部門 一席
    「校長室の秘密」金城 毅
  • シナリオ・戯曲部門 一席
    該当作なし
  • 随筆部門 一席
    「帰郷」玉山 広子
  • 詩部門 一席
    「たんめー(おじいさん)」うえざと りえこ
  • 短歌部門 一席
    渡名喜 勝代
  • 俳句部門 一席
    井本 とき子
  • 琉歌部門 一席
    謝花 秀子
  • しまくとぅば演劇戯曲部門 一席
    「クマやらわん何ーやらわん」みやぎ じゅん

以下小説部門の一席(沖縄県知事賞)

開催タイトルと著者
15回「葉子の月」棚原 妙子
14回該当作なし
13回「1号線、5号線、58号線」宇堅トラムクー
12回「「幸子」と呼びたい!」山下 泉
11回「栄造」仲本 誠一郎
開催タイトルと著者
10回「二十年の眠りと涙を一粒」秋 沙美代
9回「オキナワノート」橋本 真樹
8回「一月三日ナカンダカリ号」草野 榧
7回「星降る島」本明 紅
6回該当作なし
5回「しろがね奏話」赤兎時雨
4回「黒い星」渡久地未樹子
3回「オールド・マーチン」森田 たもつ
2回「最後のページ」石川角白
1回「夜明けのイカダカズラ」伊波希厘

選考委員

第17回

  • 小説:呉屋 栄治, 仲原りつ子, 村上 陽子
  • 随筆:嘉手川 学, 南 ふう
  • 詩:高良 勉, 西原 裕美
  • 短歌:佐藤 モニカ, 永吉 京子
  • 俳句:井波 未来, 金城 けい
  • 琉歌:玉城 倭子, 宮城 茂雄, 波照間 永吉
  • しまくとぅば演劇戯曲:大城 貞俊, 上江洲 朝男, 波照間 永吉

主催

公益財団法人沖縄県文化振興会

こちらの記事もおすすめです

タイトルとURLをコピーしました