- 公募TOPへ -
小説 エッセイ 童話 高校生 短歌 俳句 川柳 マンガ イラスト

最適日常(短歌系)のTwitterアカウントもよろしくお願いします

JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト 2022

「国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト 2022」は、国際協力機構(JICA)が募集する、エッセイを対象とした公募コンテストです。

主要な条件

応募条件の概要

締切・募集期間

2022年9月11日(日)当日消印有効

募集期間:2022年6月7日(火)~2022年9月11日(日)

募集内容

2022年度募集テーマ

「世界とつながる私たち-未来のための小さな一歩-」

世界とのつながりは身近なところにもたくさんあります。自分と世界との接点から、未来に向けて私たち一人ひとりは一体何ができるか考え、行動したことについての作品を期待しています。

必ずしも海外経験は必要ありません。皆さんの身近なところから、世界とのつながりを感じることを見つけてみてください。例えば、地域に住む外国人や留学生、新型コロナウイルス感染症の世界的な広がり、テレビのニュースで見た世界の災害や紛争等、世界とつながっていると感じた出来事・瞬間があったと思います。皆さんの普段何気なく口にしている食べ物や着ている服からも、世界が見えてきます。そして、私たちの未来をよりよくする小さな一歩につなげてみましょう。

10代の若い感性で、自分の思いを、「言葉」にしてエッセイを書いてみませんか。言葉にすれば、世界を動かす力になっていくはずです。たくさんのご応募、お待ちしております。

参考資料

エッセイ準備用ワークシートを用意しました。是非ご活用ください!(ダウンロード・学校等でのコピー配布可)(編注:募集元公式サイトからダウンロードください)

応募規定

  • 作品は、自分の考えや体験等をエッセイとして書いたもので、他のコンクール事業等で発表していないものとする。
  • 原稿用紙に題名、学校名、学年、氏名を必ず記載すること(注)エッセイ本文の字数には含みません。
  • 応募書類に不備(記入漏れ、未提出など)がある場合は審査対象外となる可能性がありますので、ご注意ください。
  • 作品は日本語のものに限る。
  • 1人1作品のみ応募可。
    (注)応募者の年齢は、満20歳まで(2002年4月2日以降に出生の方)とする。
  • 原稿用紙は特に規定なし。ただし、必ずマス目のついた原稿用紙を使用すること。JICA地球ひろばホームページからダウンロードし、使用してもよい。
  • 2B以上の鉛筆等で濃く書いてください。

(注)当サイト(編注:募集元公式サイト)内「よくある質問」ページに、応募規定や応募方法について詳細を掲載しています。あわせてご確認ください。

中学生の部
  • 2022年6月時点で中学生であること。
  • 文字数:本文1,200字以内(400字詰原稿用紙3枚以内)
    (注)題名、学校名、氏名、学年は字数に数えません。
    (注)句読点はそれぞれ1字に数えます。改行のための空白か所は字数として数えます。
高校生の部
  • 2022年6月時点で高校生であること。
  • 文字数:本文1,600字以内(400字詰原稿用紙4枚以内)
    (注)題名、学校名、氏名、学年は字数に数えません。
    (注)句読点はそれぞれ1字に数えます。改行のための空白か所は字数として数えます。

(編注:他送付方法、諸権利などについては公式情報を確認ください)

個人賞

  • 最優秀賞 3名
    • 独立行政法人国際協力機構理事長賞1名
    • 外務大臣賞1名
    • 文部科学大臣賞1名
  • 優秀賞 3名
  • 審査員特別賞 4名
  • 国際協力特別賞 10名
  • 国内機関長賞
  • 佳作 他
(景品等)
  • 最優秀賞・優秀賞:約1週間の海外研修
  • 審査員特別賞・国際協力特別賞 他:フェアトレード商品等
  • 応募された方全員へ参加賞を差し上げます。

学校賞

学校賞

60作品以上の応募、または全校生徒の3割以上の応募のあった学校。

特別学校賞

学校賞を長年に渡り連続して受賞し、多数の応募をしてきた学校。

過去の開催について

選考委員

審査員長

  • 中学生の部:尾木直樹氏
  • 高校生の部:星野知子

発表

2022年12月下旬頃に、JICA地球ひろばHPにて発表します。
なお、最優秀賞/優秀賞/審査員特別賞/国際協力特別賞受賞者には2023年1月上旬に文書にて通知します。

主催

独立行政法人 国際協力機構(JICA)

こちらの記事もおすすめです

タイトルとURLをコピーしました