- 公募TOPへ -
小説 エッセイ 童話 短歌 俳句 川柳 イラスト

Topic: 藤宮若菜 第1歌集『まばたきで消えていく』好評発売中!

第6回 永瀬清子現代詩賞

「第6回 永瀬清子現代詩賞」は、NPO法人永瀬清子生家保存会が募集する現代詩を対象とした公募コンテストです。

主要な条件

応募条件の概要

締切

2022年5月17日

(募集期間:2022年2月17日~)

募集作品

  • 日本語で書かれた現代詩(未発表で本人のもの)
  • 1人1編
  • 17才以上(清子が詩人を志した年齢)
  • A4版400字詰め原稿用紙2枚以内
  • またはA4用紙横位置(縦20字×横40行)1枚以内
  • 出品料:1,000円(定額小為替で添付)

  • 永瀬清子現代詩賞(1編):金3万円
  • 受賞作と一次選考通過作品は、作品集『いつかだれかにわたしの思いを』に掲載

過去の受賞作

開催タイトルと著者
5回「死の意思」雪柳あうこ
応募数:400編
4回「撫子の偽り」清中愛子
応募数:461編
3回「再生」感王寺美智子
応募数:319編
2回「母と水瓶」葛岡昭男
応募数:302編
1回「生き方の法則」遠藤友紀恵

※受賞時のタイトルおよび筆名から変更されている場合があります。

選考委員

若松英輔, 奥富亮子, 井上奈緒, 横田都志子

発表

  • 一次選考通過作品の作者には2022年9月末までに郵送にて連絡。その後同会サイト、Facebook、Twitterにて作品名のみ公表
  • 「永瀬清子現代詩賞」受賞者には別途通知。その後同会サイト等にて発表
  • 受賞作品の披露は2023年2月19日(日)の表彰式にて行う
  • 表彰式会場:「清子の家」(岡山県赤磐市松木 永瀬清子生家)
  • 作品集『いつかだれかにわたしの思いを』発行・発売は2023年2月予定

主催

NPO法人永瀬清子生家保存会

こちらの記事もおすすめです

タイトルとURLをコピーしました