- 公募TOPへ -
小説 エッセイ 童話 高校生 短歌 俳句 川柳 マンガ イラスト

Topic: 岩倉曰 第1歌集『harako』好評発売中!

第33回 富田砕花賞

「第33回 富田砕花賞」は、芦屋市が募集する詩集を対象とした公募文学賞です。

主要な条件

  • 募集作品:詩集(’21年7月~’22年6月末日刊)
  • 応募制限:なし
  • 応募締切:2022年7月29日
  • 最高賞品:賞金30万円
  • 前回応募:総数 92点(第32回)
  • 公式情報:芦屋市/富田砕花賞
    ※応募の際にはあらためて最新の公式情報をご確認ください。

応募条件の概要

締切・募集期間

令和4年5月6日(金曜日)から令和4年7月29日(金曜日)【当日必着】

募集内容

対象

令和3年7月から令和4年6月末日までに刊行された奥付のある詩集。
ただし、翻訳・アンソロジー・復刻・遺稿詩集及び電子書籍等は除く。

応募方法

便箋などに、郵便番号・住所・氏名(振り仮名)・連絡先電話番号を明記の上、詩集2冊を下記へお送りください(応募された詩集は返却いたしません。ペンネームにより刊行された詩集の場合は、本名とともにペンネーム(振り仮名)を併記してください)。

(※他送付方法、諸権利などについては公式情報を確認ください。)

正賞:賞状
副賞:30万円

過去の受賞作

開催タイトルと著者
32回『Bridge』北爪 満喜
(応募:92点)
31回『ひの石まつり』金堀 則夫
(応募:88点)
30回『半結晶質群』田中 武
(応募:112点)
29回『夜明けをぜんぶ知っているよ』北川 朱実
(応募:79点)
28回『青山記』神原 芳之
(応募:85点)

※受賞時のタイトルおよび筆名から変更されている場合があります。

選考委員

季村敏夫, たかとう匡子, 時里二郎 (50音順)

受賞詩集は、応募詩集の中から推薦委員が候補詩集を推薦し、その中から選考委員が決定します。

発表

令和4年10月中旬(予定)

贈呈式

  • 開催日:令和4年11月17日(木曜日)
  • 開催場所:芦屋市立図書館(芦屋市伊勢町12番5号)

主催

芦屋市, 芦屋市教育委員会

こちらの記事もおすすめです

タイトルとURLをコピーしました