Topic: 藤宮若菜 第1歌集『まばたきで消えていく』好評発売中!

織田作之助青春賞

織田作之助青春賞は、大阪文学振興会が募集する24歳までの若手による小説を対象とした公募文学賞です。

特徴

1983年10月26日に織田作之助賞として創設。当初は年齢制限のない公募新人賞であったが、第23回(2005年)から変化。既刊本を顕彰する織田作之助賞と、24歳まで限定公募の織田作之助青春賞に分かれる。最高賞品は賞金30万円。応募締切は例年8月31日。

2018年度までは「U-18賞」が行われていたが、以降はこれに代わり奨励賞を設け、応募作品の中で18歳以下の優れた作品に贈られています。

スポンサーリンク

これまでの開催状況

過去の募集概要(第38回開催時)

  • 募集作品:小説(短編小説/20字×20行で30枚まで)
  • 応募制限:公募締切り日の年齢24歳までの者
  • 応募締切:8月31日
  • 最高賞品:賞金30万円
  • 応募総数:(調査中)
  • 公式情報:大阪文学振興会|織田作之助賞

歴代受賞作品

開催タイトルと著者
37回「夜明珠(イエミンジュ))三浦育真
36回「檻の中の城」丸井常春
35回「ママの犬」川勝浩人
34回「みかんの木」馬場広大
33回「海をわたる」中野美月
32回「はきだめ」犬浦香魚子
31回「ジンジャーガム」柳澤大悟
30回「通りゃんせ」藤原侑貴
(佳作:「橋の下と僕のナイフ」岡田美津穂)
29回「ふたりだけの記憶」滝沢浩平
(佳作:「アイランド2012」未来谷今芥)
28回「コンシャス・デイズ」柊(ひいらぎ)
(佳作:羅「フリーク」中野沙)
27回「おっさん」香川みわ
(佳作:「逃げるやもりと追うやもり」森田弘輝)
26回「マニシェの林檎」島谷明
(佳作:「換気扇」木田肇)
25回「Innocent Summer」小笠原由記
(佳作:「ユメノシマ」深山あいこ)
24回「天梯」緒野雅裕
(佳作:「魚は水の中」宮規子)
23回該当作なし
(佳作:久野智裕「一セントコインの女」)
(佳作:土屋三奈「リフレインリフレイン」)

※第23回から現在の形(24歳以下限定)に

こちらの記事もおすすめです

タイトルとURLをコピーしました