- 公募TOPへ -
小説 エッセイ 童話 高校生 短歌 俳句 川柳 マンガ イラスト

最適日常(短歌系)のTwitterアカウントもよろしくお願いします

第66回 群像新人文学賞

「第66回 群像新人文学賞」は、「群像」が募集する、小説を対象とした公募新人賞です。

主要な条件

  • 募集作品:小説(400字×70~250枚)
  • 応募制限:なし
  • 応募締切:2022年10月15日
  • 最高賞品:50万円
  • 前回応募:2072篇(第65回)
    ※応募の際にはあらためて最新の公式情報をご確認ください。

応募条件の概要

▽広告以下の応募条件をご確認ください

締切

  • 2022年10月15日
    (郵送の場合は当日消印有効。WEBの場合は当日24時まで)

募集内容

気鋭の才能を輩出した群像新人文学賞は、更に一層の清新な才能を待望しています。

  • 応募作品は未発表の小説に限る。同人雑誌発表作、他の新人賞への応募作品、ネット上で発表した作品等は対象外とする。
  • 枚数は400字詰原稿用紙で70枚以上250枚以内。ワープロ原稿の場合は400字詰換算の枚数を必ず明記のこと。応募は一人一篇とする。

  • 賞金:50万円
    (受賞作複数の場合は分割します)

過去の開催について

開催タイトルと著者
第61回「美しい」北条裕子
第59回『ジニのパズル』崔実
第58回『十七八より』乗代雄介
第57回『吾輩ハ猫ニナル』横山悠太
第56回『鶏が鳴く』波多野陸

選考

選考委員

島田雅彦, 柴崎友香, 古川日出男, 町田 康, 松浦理英子

発表

発表は(編注:群像)本誌2023年6月号。
(同年5月号に予選通過作品を発表し、5月上旬に小社にて授賞式を行います)

こちらの記事もおすすめです

タイトルとURLをコピーしました