- 公募TOPへ -
小説 エッセイ 童話 高校生 短歌 俳句 川柳 マンガ イラスト

最適日常(公募系)のTwitterアカウントもよろしくお願いします

第48回 新沖縄文学賞

「第48回 新沖縄文学賞」は、沖縄タイムスが募集する、沖縄県在住または出身者による小説を対象とした公募文学賞です。

主要な条件

  • 募集作品:小説(400字×50~100枚)
  • 応募制限:沖縄県在住または出身者
  • 応募締切:2022年7月31日
  • 最高賞品:―
  • 前回応募:―
    ※応募の際にはあらためて最新の公式情報をご確認ください。

応募条件の概要

▽広告以下の応募条件をご確認ください

締切・募集期間

2022年7月31日(郵送、当日消印有効)

募集内容

応募資格

県内在住または県出身者で、未発表原稿に限る(応募作品は返却しない)。

概要

400字詰め原稿用紙50~100枚。手書きは400字詰め原稿用紙を使用する。ワープロはA4判用紙に1行30字×40行を目安にマス目なしで印字し、400字詰め換算の枚数を明記する。800字程度の「あらすじ」も添付。原稿末尾には住所、電話番号、氏名(ペンネームの場合は本名も)、年齢、職業を明記する。電子メールアドレスがあれば記入する。

(編注:他送付方法、諸権利などについては公式情報を確認ください)

(編注:特に賞金等の定めなし)

過去の開催について

開催タイトルと著者
47回『ラビリンス-グシク界隈』ゆしわら・くまち
『春に乗り遅れて、半額シールを貼られる』円井定規
46回『ばばこの蜜蜂』なかみや梁
45回『テラロッサ』しましまかと
44回『涼風布工房』高浪千裕
『唐船ドーイ』中川陽介
43回『Summer vacation』儀保佑輔
42回『カラハーイ』梓弓
41回『父の手作りの小箱』長嶺幸子
『バッドデイ』黒ひょう
40回『インターフォン』松田良孝
39回『ミツコさん』佐藤モニカ
38回『期間工ブルース』伊礼英貴

※受賞時のタイトルおよび筆名から変更されている場合があります。

選考

審査員:又吉栄喜, 赤坂真理, 本浜秀彦

発表

第1次選考は9月、本選考は11月の本紙紙上で発表予定

関連

こちらの記事もおすすめです

タイトルとURLをコピーしました