- 公募TOPへ -
小説 エッセイ 童話 高校生 短歌 俳句 川柳 マンガ イラスト

最適日常(短歌系)のTwitterアカウントもよろしくお願いします

2022年度 国際ユース作文コンテスト

「2022年度国際ユース作文コンテスト」は、五井平和財団が募集する作文を対象とした公募コンテストです。

主要な条件

  • 募集作品:作文(テーマ:わたしの価値観/1600字以内)
  • 応募制限:小中学生/高1~25歳限定
  • 応募締切:2022年6月15日
  • 最高賞品:賞金10万円
  • 前回応募:28217作品(子:7670, 若:20547/2021年度)
  • 公式情報:国際ユース作文コンテスト | 五井平和財団
    ※応募の際にはあらためて最新の公式情報をご確認ください。

応募条件の概要

締切・募集期間

2022年6月15日(水)必着

募集内容

テーマ

「わたしの価値観」

私たちの価値観は、それぞれの考え方や行動の基準となり、社会のあり方に影響を与えています。あなたが大切にしている価値観は何ですか。その価値観に沿ったあなたらしい生き方とは、どのような生き方ですか。そして、そのように生きることで、どんな社会をつくりたいですか。

応募資格

子どもの部(小学生・中学生)
若者の部(高校1年生から25歳まで)

応募方法

オンライン応募または郵送(下記応募宛先まで)
※Eメールでは受け付けません

応募規定

  1. 日本語、英語、フランス語のいずれかで応募してください。鉛筆で手書きをする場合は、Bまたは2Bで濃く書いてください。
  2. 日本語の場合、1600字以内。外国語の場合、700語以内。(文字数・語数は本文のみ)
  3. オンラインで応募する場合は、こちらの(編注:募集元公式サイト)応募ページから、説明の手順に従って送信してください。(ファイル形式は、ワードまたはPDFのみ可。ファイルサイズは、2MB以下にしてください。)
  4. 郵送で応募する場合は、作品に表紙をつけ、次の①〜⑫を明記してください。
    ①氏名(フリガナ)、②部門(子どもの部または若者の部)、③年令(2022年6月15日時点)、 ④性別、⑤国籍、⑥現住所(含郵便番号)、⑦Eメール、⑧電話番号、⑨所属(学校名・学年)、⑩作文タイトル、⑪言語、⑫文字数(外国語の場合は語数)
    ※ 表紙の書式は、(編注:募集元公式サイト)下記からダウンロードすることもできます。
  5. 学校等の団体で、郵送にて応募する場合は、所定の書式を(編注:募集元公式サイト)下記からダウンロードの上、応募者名・年令一覧と担当指導者名・連絡先を記入し、添付してください。
  6. 応募作品は自作、未発表のものを1点に限ります。盗作が判明した場合は失格となります。
  7. 応募作品は返却しません。
  8. 応募作品の著作権は主催者に帰属します。

*応募作品の受領確認は行っておりません。
*ご応募の際の個人情報は当財団の教育事業の目的以外には利用いたしません。

(編注:他送付方法、諸権利などについては公式情報を確認ください)

  • 文部科学大臣賞/各部門1点
    … 賞状と賞金10万円、副賞
  • 優秀賞/各部門3点
    … 賞状と賞金5万円、副賞
  • 入選/各部門5点
    … 賞状と副賞
  • 佳作/各部門25点
    … 賞状と副賞
  • 学校特別賞/該当校がある場合
    … 賞状とトロフィー
  • 学校奨励賞/該当校がある場合
    … 賞状

*入選以上の受賞者は、オンラインで開催される受賞者の集いにご招待します。
*選考に関するお問合せには、回答しておりません。

過去の開催について

過去の受賞作品を読む

過去の応募状況

  • 2021 「いのちって何?」
    応募総数:28217作品(子:7670, 若:20547)
  • 2020 「2030年の私からの手紙」
    応募総数:33632作品(子:9578, 若:24054)
  • 2019 「優しさがあふれる社会をつくる」
    応募総数:20657作品(子:7383, 若:13274)
  • 2018 「私が起こしたい変化」
    応募総数:21705作品(子:7890, 若:13815)
  • 2017 「自然から学ぶ」
    応募総数:15441作品(子:4938, 若:10503)

選考委員

委員長

千 玄室

委員

西園寺昌美, 都倉 俊一, 成田 純治, 服部 真二, 松浦晃一郎, 美内すずえ, 矢崎 和彦, 葉 祥明

発表

2022年10月31日(月)に本サイトにて各賞を発表します。各賞の賞状および副賞は、12月中に発送予定です。

主催

公益財団法人 五井平和財団

こちらの記事もおすすめです

タイトルとURLをコピーしました