- 公募TOPへ -
小説 エッセイ 童話 高校生 短歌 俳句 川柳 マンガ イラスト

最適日常(公募系)のTwitterアカウントもよろしくお願いします

第37回 家の光童話賞

「第37回 家の光童話賞」は、家の光協会が募集する童話を対象とした公募コンテストです。

主要な条件

  • 募集作品:童話(20字×20行で5枚以内)
  • 応募制限:なし
  • 応募締切:2022年6月30日
  • 最高賞品:賞金30万円 + 作品掲載
  • 公式情報:家の光童話賞 – 家の光 公募サイト
    ※応募の際にはあらためて最新の公式情報をご確認ください。

応募条件の概要

スポンサーリンク

締切

2022年6月30日(木)当日消印有効
(募集期間開始:2022年3月1日(火)~)

募集作品

  • 「農業」「食べ物」「ふるさと」「自然」を題材にした作品を募集。ただし、昔から伝わる民話は除く
  • 都会や農村での農作業や食卓などをはじめ、日々の暮らしを通じて感じたことや考えたこと、子どもたちに伝えたいことを、自由な視点で書くこと
  • 対象は小学校就学前後の子ども。読み聞かせをして喜ぶような物語を求める
  • 応募作品は1人1編に限る
  • 作品は未投稿ならびに未発表のものに限る
  • 他賞との重複応募は入賞しても無効
  • 子どもたちが自分で読んでも楽しめるよう、小学2年生までに習う漢字を使用
  • 1枚20字×20行、5枚以内

  • 家の光童話賞(1編)
    ― 賞状、盾、賞金30万円
  • 優秀賞(4編)
    ― 賞状、賞金各10万円
  • 佳作(5編)
    ― 賞状、賞金各1万円

過去の受賞作

過去5回の「家の光童話賞」受賞作

開催タイトルと著者
36回「へへ」木元智香子
35回「ふなめし、いただきます」吉原達之
34回「だいこんのおと」平井美里
33回「いちごがり」日比茂樹
32回「コピー、できません」山下雅美

※受賞時のタイトルおよび筆名から変更されている場合があります。

選考委員

鬼塚りつ子, きむらゆういち, 小森香折, 山下明生, 『家の光』編集長

発表

『家の光』2023年1月号誌上。「家の光童話賞」と「優秀賞」は、挿絵を付けて『家の光』に掲載。入賞者には2022年10月上旬までに結果を通知。家の光童話賞および優秀賞受賞作は、2023年1月号以降に順次掲載(漢字には仮名を振る)

主催

一般社団法人 家の光協会

こちらの記事もおすすめです

タイトルとURLをコピーしました